1. トップページ
  2. コラム
  3. 【2022】補助金の申請代行は補助金バンクへ!選び方と費用相場のポイント

【2022】補助金の申請代行は補助金バンクへ!選び方と費用相場のポイント

補助金の申請代行

補助金の申請を自社で行おうとすると、非常に手間がかかるものです。また、重要な要件を見落としたまま申請してしまい、せっかく申請書類を作成したにもかかわらず門前払いとなってしまうリスクもあるでしょう。

では、補助金の申請代行や申請サポートは、誰に依頼すれば良いのでしょうか?今回は、補助金の申請代行の適切な依頼先の他、補助金申請代行のメリットや注意点についても解説します。

補助金の申請代行とは

補助金の申請代行(サポート)とは、専門家が補助金申請のサポートを行い、申請までの手続きを代行するサービスです。

「申請代行」というと、単に申請書類を電子申請システムにアップロードしたり書類を取りまとめて申請先へ郵送したりといった、申請手続きだけの代行のようなイメージを持つかもしれません。

しかし、実際にはこのようなことだけを「申請代行」ということはほとんどなく、申請にあたってのヒアリングや申請に必要な事業計画練り込みのコンサルティング、申請書類の作成などまでを含んだサービスを「申請代行」という場合が多いでしょう。

補助金の申請代行を依頼するメリット

補助金の申請代行(申請サポート)を専門家へ依頼する主なメリットは、次のとおりです。

手間と時間が削減できる

補助金の申請代行を自社のみで行おうとすれば、まずは公募要領をよく読み込み、次の事項などを確認しなければなりません。

  • その補助金の目的
  • 自社はその補助金の申請要件を満たすかどうか
  • 公募のスケジュール
  • 審査ポイントや加点ポイント
  • 申請方法
  • 申請のために必要な書類や申請様式

補助金の中には公募要領が数十ページにわたることも少なくなく、これを読み込んで理解するだけでもひと苦労です。また、そのうえで申請書類を自ら作成しなければなりません。

一方、専門家へ補助金の申請代行(申請サポート)を依頼すれば、これらの手間や時間を大幅に削減することが可能となります。

補助金の採択率を上げられる可能性がある

専門家へ補助金の申請代行(申請サポート)を依頼することで、補助金が採択される確率を引き上げられる可能性があります。なぜなら、専門家はその補助金の趣旨や審査ポイント、加点項目などを踏まえたうえで申請書類を作成することができるためです。

補助金の審査員は、日々大量の申請書類を確認しています。たとえ同じ内容であったとしても、審査員が知りたいポイントや重視するポイントに重点を置いた書類で申請をすることで、採択の可能性を高めることができるでしょう。

事業計画についての助言を受けられる場合がある

補助金の中でも特に大型のもの(ものづくり補助金や事業再構築補助金など)では、補助金の申請にあたって事業計画の提出が求められることが一般的です。

この事業計画は、補助金申請のためだけに作成すると考えれば、面倒なものかもしれません。しかし、補助金が採択されるレベルのしっかりとした事業計画をつくり込むことで、以後の経営において、信頼できる羅針盤となります。

補助金の申請過程においては、事業計画について専門家に助言やコンサルティングが受けられることが少なくありません。こうしてつくり込んだ事業計画は、企業経営にとって財産となることでしょう。

つなぎ融資先の金融機関等の紹介を受けられる場合がある

補助金の多くは、原則として、事業実施後の後払いとされています。つまり、たとえ補助金が採択されたとしても、事業を実施するための資金は一時的に他の方法で手配する必要があるということです。

少額の補助金であれば、この資金は自己資金でまかなえることも多いでしょう。一方、数百万円規模や1,000万円を超える規模の補助金となると、補助金がおりるまでの一時的な措置とはいえ、自己資金のみでこれをまかなうことは困難です。そのため、多くの場合で金融機関からの「つなぎ融資」が活用されます。

しかし、これまでほとんど借り入れなどをしてこなかった企業にとっては、つなぎ融資を受けようにもどこの金融機関へ申し込むべきか迷ってしまうことも多いでしょう。そのような際、補助金の申請代行(申請サポート)を依頼した専門家が、つなぎ融資先の金融機関を紹介してくれる場合があります。

なぜなら、補助金の申請代行(申請サポート)を受けている専門家は、融資を含めた資金繰り全般について詳しい場合が少なくないためです。

補助金の申請代行業者の選び方

補助金の申請代行を行う事業者は、多数存在します。インターネットを検索しただけでも、多くの代行サービスが見つけられることでしょう。

では、補助金の申請代行を依頼する専門家は、どのように選べば良いのでしょうか?主な選び方は、次のとおりです。

資格

補助金の申請代行を行う事業者の属性は、さまざまです。申請代行を行う主な専門家としては、次のものが挙げられます。

 

  • 中小企業診断士:経営コンサルタント唯一の国家資格。事業計画のコンサルティングなどを得意とすることが多い
  • 行政書士:官公署に提出する書類作成の専門家
  • 税理士:税務の専門家
  • (特に資格のない)コンサルタント:得意分野や事業内容はそのコンサルタントによる

 

このうち、税理士は、顧問先のみを対象とする傾向にあります。一方、中小企業診断士や行政書士は、広く補助金の申請代行を行っていることが多いでしょう。

国家資格者であれば能力や信頼性がある程度担保されているため、資格のある専門家や資格の特性から専門家を選ぶことも一つです。

専門性

同じ資格を持っていても、補助金業務にどれだけ力を入れているのかは、その専門家によって異なります。

特に行政書士の場合には手掛ける業務が非常に幅広く、補助金関連の業務をまったく取り扱っていない場合も少なくありません。また、中小企業診断士のなかにも、補助金業務を受けていない人もいるでしょう。

そのため、補助金の申請代行を依頼する際には、その専門家の専門性を確認することも重要です。

料金

補助金の申請代行報酬は、専門家によってさまざまです。あらかじめ料金を明確に確認し、選ぶポイントの一つにすると良いでしょう。

まず、専門家報酬が相場よりも非常に高額であれば、その理由の説明を受けることをおすすめします。その理由に納得ができてから、依頼をするようにしてください。

一方で、料金の安さだけで依頼先を選ぶことは避けた方が良いでしょう。なぜなら、補助金の申請代行は、画一的な作業をするような性質のものではないためです。

補助金の申請書類をしっかりと作成するためには、事業者様から事業内容のヒアリングをしたり事業計画の練り込みをしたりといった、脳に汗をかく手順が不可欠です。当然、専門家側でもそれなりの時間と労力がかかることになるため、相応の報酬は頂く必要が生じます。

あまりにも報酬が安い場合には、その理由をしっかりと確認した方が良いでしょう。

コンサルティング能力

ものづくり補助金や事業再構築補助金など大型の補助金を申請する際には、専門家のコンサルティング能力も重視した方が良いでしょう。なぜなら、これら大型の補助金で採択されるためには、事業計画全体の内容が非常に重要となるためです。

また、仮に補助金の採択がされても事業計画が甘ければ、事業が立ち行かなくなる危険性もあります。コンサルティングを受けて事業計画を作り込むことで採択の可能性を高めることにつながるほか、その後の事業運営にとっても大きなプラスになることでしょう。

利便性

いくら素晴らしい専門家であっても、遠方で活動しており、かつ、こちらから出向かないと相談することができないのであれば、依頼することは困難でしょう。そのため、利便性も専門家選びのポイントとなります。

最近ではZoomなどオンラインツールが発達しており、これらを活用すれば遠方の専門家とも打ち合わせすることが可能です。そのため、これらのツールに対応している専門家を選ぶことも一つでしょう。

補助金の申請代行を活用する際の注意点

補助金の申請代行(申請サポート)を活用する際には、注意点も存在します。主に注意すべきポイントは、次のとおりです。

悪質な業者に注意する

補助金の申請代行(申請サポート)を受けている「専門家」の中には、無資格コンサルタントを中心に、悪質な業者が混じっている場合があります。悪質な業者に依頼をしてしまえば、コピペで作成をしたような質の低い申請書類の対価に、高額な報酬を請求されてしまうかもしれません。

さらに悪質になると、そもそも申請要件を満たさない企業に書類の偽造などを持ちかけて申請させる場合があるようです。2022年6月頃には持続化給付金詐欺で多くの逮捕者が出て話題となりましたが、このような事業者へ依頼してしまえば、自社も逮捕されてしまうリスクがあります。

そのような事態になったとしても、悪質な代行業者が自社を守ってくれるわけではありません。補助金の申請代行(申請サポート)を依頼する際には、信頼できる専門家を選ぶように注意しましょう。

申請内容まで丸投げできるわけではない

補助金の申請代行(申請サポート)を専門家へ依頼する場合、「何でも良いから採択されそうな申請書を作って」などといわれる場合があります。しかし、しっかりとした専門家であれば、このような依頼は受けません。

なぜなら、たとえ流行りのビジネスを展開するなどとして適当に申請書類を作成したところで、その後実際に事業を行っていくのは、専門家ではなく事業者自身であるためです。

また、補助金は原則として後払いであるため、事業者が実現できない(実現する気がない)内容の申請が仮に採択されたとしても、その後事業を実施しなければ、実際に補助金の交付を受けることはできません。

もちろん、ある程度しっかりとした青写真があれば、その青写真を具現化するコンサルティングをすることはできるでしょう。しかし、それさえないにもかかわらず、ビジネスアイディアの段階から専門家へ丸投げすることは順番が違います。この点について、誤解のないように注意しましょう。

どこまでサポートしてくれるのかあらかじめ確認する

補助金は、申請までに手間がかかることはもちろん、実は採択後にもそれなりの手間がかかります。なぜなら、多くの補助金は後払い制を取っており、先に事業を実施してその実施報告をしなければ、補助金が受け取れないためです。

この実施報告は補助金ごとに決められた様式の作成が必要となるほか、領収証などの証拠書類の添付が必要となります。

実は、この実施報告がハードルとなり、せっかく採択がされても補助金の受け取りを断念する事業者は少なくありません。そのため、その専門家がサポートしてくれるのは申請までのみであるのか、あるいは別料金であったとしても採択後の実施報告まで依頼できるのか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

報酬をあらかじめ確認する

補助金の申請代行を依頼する際には、あらかじめ報酬を確認しておきましょう。一般的には、口頭で伝えるのみならず契約書などの書面にも記載がありますので、しっかりと確認してください。

無資格コンサルタントのなかに紛れ込んでいる悪質な業者の中には、口頭では妥当な金額を伝え、契約書には異なる条件を記載する場合などもあるようですので注意が必要です。

補助金の申請代行の報酬はどのくらい?

補助金の申請代行(申請サポート)を依頼した場合の報酬は、着手金と成功報酬の形とされることが多いでしょう。補助金の相場は申請する補助金の難易度やボリュームによって異なりますが、おおむね次のとおりです。

着手金

着手金とは、補助金の申請代行(申請サポート)を依頼した時点でかかる報酬です。一般的には、たとえ不採択になったとしても返金されることはありません。

着手金は、おおむね2万円から10万円程度であることが多いでしょう。

成功報酬

成功報酬とは、申請代行(申請サポート)を行った補助金が採択された場合にかかる報酬です。成功報酬は申請をした補助金の額によって大きく異なりますが、おおむね15%から20%程度のことが多いでしょう。

補助金の申請代行を依頼した場合の大まかな流れ

専門家へ補助金の申請代行(申請サポート)を依頼した場合、大まかな流れは次のようになります。

初回面談

はじめに、専門家との初回面談を行います。初回面談は対面で行う場合もあれば、Zoomなどを活用してオンラインで行う場合も少なくありません。

初回面談では、補助金の申請要件を満たしているかどうかを大まかに確認するとともに、依頼した場合の報酬やサポート範囲などについても説明がなされることが一般的です。申請要件を満たす可能性が高く、報酬やサポート内容に合意したら、契約を締結して実際のサポートに入ります。

補助金の申請内容の練り込み

専門家とともに、補助金の申請内容や添付書類となる事業計画を練り込みます。特に大型の補助金においては、複数回の面談を重ねることが少なくありません。

依頼者にとっては、この段階にもっとも時間を要することが多いでしょう。

専門家が補助金の申請書類を作成する

申請内容などがある程度固まった段階で、専門家にて申請書類を作成します。

専門家が補助金の代行申請をする

申請書類の作成ができたら、補助金の申請をします。専門家へ申請サポートを依頼した場合には、専門家が申請代行(申請サポート)までを行ってくれることが多いでしょう。

採択か不採択かが決定される

補助金の申請後、公募期間が完了したのちに、採択か不採択かが決定されます。郵便やEmailなどで結果が通知されますので、見通さないように注意しておきましょう。

補助事業を実施する

補助金の多くは、採択がされたからといってすぐにお金が受け取れるわけではありません。先に、申請をした補助事業を実施する必要があります。

補助事業を実施するだけの自己資金が不足する場合には、先ほど解説した「つなぎ融資」を検討しましょう。

実施結果を報告する

申請をした補助事業を実施したら、補助金事務局など所定の先に対して、実施結果を書面で報告します。

この方法には、補助対象の経費の証拠となる請求書や領収証などの添付が必要となることが一般的です。そのため、これらの証拠書類に不備が生じないようあらかじめ必要書類を確認し、適切に保管しておきましょう。

補助金が受け取れる

実施報告が検査され問題がないと判断されれば、ようやく補助金が入金されます。つなぎ融資を受けていた場合には、その融資契約に従ってすみやかに返済しておきましょう。

補助金バンクに補助金の申請代行を依頼する4つのメリット

補助金バンクに補助金の申請代行を依頼することには、補助金の申請代行を利用する通常のメリットに加えて、次のメリットも存在します。

補助金の専門家が簡単に見つかる

補助金の専門家をどのように探せば良いかよくわからないという場合も少なくないでしょう。また、インターネットで適当に探した結果、悪質な業者に依頼してしまっては元も子もありません。

補助金バンクには、中小企業診断士や行政書士など補助金にくわしい専門家が多数登録しております。補助金バンクを利用することで、信頼できる専門家を簡単に見つけることができるでしょう。

補助金の無料診断が受けられる

補助金バンクでは、補助金の無料診断ツールを用意しております。このツールでは自社の状況などの情報にもとづいて、採択される可能性が高い補助金や助成金の提案を受けることが可能です。

補助金診断は無料ですので、お気軽にご利用いただけます。

専門家の紹介や申請前の相談がすべて無料で受けられる

補助金バンクでは、補助金にくわしい専門家の紹介を無料で紹介しております。事業者様から、紹介料などを頂くことはありません。

また、補助金に関する無料相談も可能です。

補助金についてお悩みの際には、補助金バンクまでご相談ください。長い間一人で悩んでいたことも、ご相談いただくことにより、すぐに解決できるかもしれません。

採択後の手続きも一貫してサポートを受けられる

多くの補助金は採択がされたからといって、すぐにお金が振り込まれるわけではありません。採択後、まずは自己資金や融資などで得た資金で補助対象となる事業を実施し、その後事務局に実施報告をしてから、ようやく補助金が交付されるという流れです。

そして、この実施報告にもそれなりに手間がかかります。実施報告がハードルとなり、せっかく採択された補助金の受給を諦めてしまうケースも存在するほどです。

そこで、補助金バンクでは採択された後の手続きも含め、補助金が入金されるまでを一貫してサポートしております。そのため、採択後の手続きを不安に感じる必要はありません。

補助金の申請代行なら補助金バンクにお任せください

ここまでお伝えしてきたように、補助金の申請代行先の選定にはさまざまなポイントが存在します。しかし、身近に専門家が多く存在するというケースは稀であり、条件に合った専門家探しに苦労をしてしまうケースも少なくないでしょう。

インターネットで適当に探した代行業者に依頼をした結果、詐欺まがいの業者であったり実績が不足していたりすれば、後悔してもしきれません。このような事態を避けるため、補助金の申請代行(申請サポート)を依頼する専門家をお探しの際には、当社「補助金バンク」のご利用をおすすめします。

補助金バンクには、所定の審査を通過した中小企業診断士や行政書士など補助金の専門家が多く登録しており、安心して申請代行(申請サポート)先を探して頂くことが可能です。

2022年11月時点で利用可能なおすすめの補助金

2022年11月時点で利用ができるおすすめの補助金は、次のとおりです。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、中小企業や小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発や試作製品開発、生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援する補助金です。

一般型通常枠の場合、採択されることで最大750万円(従業員数5人以下の場合)から1,250万円(従業員数21人以上の場合)の補助金が受け取れます。

「ものづくり補助金」と略されることが多いため、製造業などのみを対象とした補助金であるとの誤解が少なくありません。しかし、正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」であり、製造業のほかサービス業や小売業、飲食業など幅広い業種が対象となっています。

新たに大きな設備投資をする場合には、ぜひ利用を検討したい補助金の一つです。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、新型コロナ禍で新たに誕生した大型の補助金です。コロナ禍で収入の減少した事業者が行う、思い切った事業の再構築を支援しています。

通常枠の場合、採択されることで、最大2,000万円(従業員数20人以下の場合)から8,000万円(従業員数101人以上の場合)の補助金を受け取ることが可能です。新たな事業を展開する場合やこれまでの販売方法を大きく変える場合などには、活用を検討すると良いでしょう。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化や売上アップをサポートする補助金です。

補助金額は通常枠A類型で、30万~150万円未満とされています。

また、補助金額が5万円~350万円である「デジタル化基盤導入類型」では会計ソフトや受発注ソフトの導入のほか、レジや券売機などの購入費用も補助対象です。

業務のIT化を検討している場合には、ぜひIT導入補助金の活用を検討すると良いでしょう。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者等が取り組む販路開拓などの取り組みや、その取り組みと併せて行う業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助する補助金です。

補助金額は通常枠で50万円(インボイス枠など特別枠で100万円から200万円)とさほど高額ではありません。しかし、チラシの印刷費や広告掲載費用など非常に幅広い費用が補助対象となり、非常に使い勝手の良い補助金といえるでしょう。

補助金の入門編として、ぜひ活用を検討したい補助金の一つです。

まとめ

補助金の申請代行や申請サポートを受けることで、補助金申請にかかる手間を大きく削減することが可能となります。また、適切な専門家へサポートを依頼することで、採択の可能性を上げることにもつながるでしょう。

当社「補助金バンク」には、補助金の採択実績が豊富な中小企業診断士や行政書士などの専門家が、数多く登録しております。また、補助金に関する無料相談や無料診断もでき、補助金についてトータルでのサポートが可能です。

補助金の申請代行(サポート)や申請サポートをご検討の際には、ぜひ補助金バンクをご利用ください。

お問い合わせはこちらから
この記事を書いた人
野竿 健悟
この記事を書いた人
野竿 健悟
株式会社トライズコンサルティング 代表取締役 中小企業診断士
補助金に精通しており、自ら申請をご支援し、高採択率の実績を持つ。元システムエンジニアであり、知見を活かしたシステム開発の補助金申請の支援実績多数。

補助金採択率が上がるポイント

補助金採択率が上がる3つのポイントとは...?についての他に、補助金導入のメリットとは...?補助金申請に失敗しないためには...?など、役立つ情報をまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

補助金採択率が上がるポイント

資料ダウンロード

関連記事

Contact