1. トップページ
  2. 補助金・助成金
  3. 働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)は、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業を支援する助成金です。

「勤務間インターバル」とは、勤務が終了してから次の勤務が始まるまでに一定時間以上の休息時間を設けることです。休息を取ることで従業員の生活時間や睡眠時間を確保し、健康を保持して過重労働を防止するため、2019年4月から勤務間インターバルの導入が努力義務化されています。

対象となるのは、休息時間が「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」となる勤務間インターバルの導入し、定着を図った場合です。新規導入、適用範囲の拡大、時間延長のいずれの取り組みも助成対象となります。

さらに賃上げを行った場合、助成金が上乗せされる場合があります。

無料で診断する 専門家とマッチングする
一覧へ戻る

この補助金・助成金を見ている方へおすすめ

コラムを見る

Contact